ホーム > 学校におけるADHD臨床

学校におけるADHD臨床

現場で援助する実務家のための工夫

学校におけるADHD臨床

スクールカウンセラーやケースワーカー、医師、家族等誰でも実務の現場での援助サービスの工夫について多彩なヒントが得られる

著者 R.A.ルージー
S.L.デルヴォ
D.ローゼンタール
桐田 弘江
石川 元
ジャンル 発達心理学
臨床心理学
出版年月日 2012/09/10
ISBN 9784414414516
判型・ページ数 B5・160ページ
定価 本体2,100円+税
在庫 在庫あり
 

目次

日本版への序  神田橋條治

第1章 注意欠如・多動性障害(ADHD)とは、どういったものでしょう? 
 1.ADHDは実体のない疾患でしょうか 
 2.理屈 対 科学に基づく事実 
 3.ADHDは一連の行動の組み合わせ 
 4.診断基準 
 5.ADHDの徴候 
 6.ADHDの有病率  
 7.ADHDの原因とは? 
 8.主要な症状とよく見られる機能不全 
 9.ADHD不注意優勢型 
 10.要約 

第2章 実行機能の不全 
 1.なぜ実行機能にそれほど紙幅を割くのでしょう? 
 2.実行機能とは? 
 3.ADHDと関連する実行機能の役割 
 4.実行機能過程の寸描 
 5.行動抑制の欠落 
 6.実行機能の構成要素 
 7.様々な組み合わせで相互に作用しあう実行機能 
 8.要約 

第3章 ADHDを抱える子どもへの公正な対処 
 1.公正と公平は同じではない 
 2.スクールカウンセラーの役割 
 3.相談役としてのスクールカウンセラー 
 4.教師の理解を促すスクールカウンセラーの支援 
 5.学校での成果に関わる危険因子の説明 
 6.調整に強い抵抗を示す教師との遭遇 
 7.親の理解促進におけるスクールカウンセラーの役割 
 8.親が子どもにADHDについて話すにあたってのカウンセラーによる支援 
 9.学校を考慮した親子の関係 
 10.気持ちを汲み取れる教師 
 11.ADHDという隠蔽された能力障害(Disability)によって、子どもが成功できないわけではない 
 12.公正を確保する道しるべ 
 13.要約 

第4章 授業での方策――生徒の成功を導くコツ 
 1.変化を引き起こすスクールカウンセラーの役割 
 2.学業面での大変さを理解する 
 3.ADHDを抱える子どもが苦労する学業面での遂行に関する領域 
 4.学習スタイルを認める 
 5.様式に富む教育戦略 
 6.時間管理と体制化技能 
 7.要約 

第5章 学校でのADHDの振る舞いへの対処 
 1.本題に入りましょう 
 2.学校をあげての断固たる介入 
 3.一人ひとりに合わせた断固たる介入 
 4.怒りの制御に役立つ介入 
 5.教師にも何らかの変更が必要かもしれない 
 6.要約 

第6章 薬物治療について教師が知っておくべきこと
 1.わが子は薬物治療を受けるべきか 
 2.ADHDの治療に多用される薬剤 
 3.刺激薬による生徒の変化 
 4.刺激薬によってADHDは治癒するのか、このような薬剤の作用機序は? 
 5.薬剤の作用持続時間はどのくらいか 
 6.過剰投与の徴候 
 7.薬が奏効したら、ADHDの診断が適切であると確認されるか 
 8.刺激薬の副作用 
 9.医師に伝えられるべき情報 
 10.刺激薬は、成長に関する問題を引き起こすか 
 11.刺激薬には依存性があるのか 
 12.刺激薬の服用が薬物濫用を招来する可能性があるか 
 13.刺激薬の投与によって、特に不都合が予測される子どもはいるのか 
 14.学校へ行くときだけ服薬させればいい子どもは存在するのか 
 15.刺激薬との薬物間相互作用 
 16.刺激薬によって子どもの精神に異常を来す可能性があるか 
 17.刺激薬を5歳以下の子どもに使用できるか 
 18.生徒は以前はリタリン服用でうまくいっていたが、今では効かない。どうなっているのか 
 19.ADHDの治療に対する自然療法薬 
 20.ADHDの治療法としてのプロザック 
 21.薬剤は学習能力障害に有用か 
 22.ある生徒の著しく挑戦したり反抗したりする態度に、薬物治療は効果があるのだろうか
 23.要約 

第7章 親への有効な伝え方 
 1.親という最重要資源 
 2.親が直面している苦労を尊重し是認する 
 3.親が子どもに対する代行と後押しを峻別するよう促す 
 4.一定の間隔での連絡が重要 
 5.教師と親の話し合いへの参加 
 6.要約 

このページのトップへ

内容説明

学校関係者で発達障碍(ADHD)の子どもに接するひと全てが対象で、授業を含めた学校生活の過ごし方と薬の作用、子どもの理解の仕方を懇切丁寧に最新の医学知識に基づいて解説している。関係者必携の書。
原書名:The School Counselor's Guide to ADHD

 

 

 

 

このページのトップへ

関連書籍

アスペルガー症候群への解決志向アプローチ

アスペルガー症候群への解決志向アプローチ

利用者最優先型の考え方に基づく心理療法

 
 

このページのトップへ